【終了しました】8/25(土)『HIVとしごと』札幌フォーラム~HIV陽性を伝えること、伝えないことの尊重~

本フォーラムは多くの皆さまのご参加で無事に終了いたしました。
ご支援・ご参加本当にありがとうございました。
レポートはこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/red1_ribbon2_sapporo3/40761690.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このたび当会では、2018年8月25日(土)に『HIVと しごと』札幌フォーラムを開催いたします。
本年7月13日に北海道司法記者クラブでおこなわれた記者会見により、道内でHIV陽性を告知しなかったことを理由にHIVキャリアの男性が採用内定取り消しにあったことが明るみになりました。
このことはこの男性個人の問題にとどまらず、HIV/AIDSという病気への偏見や、HIV陽性者に対する差別が根本にあると考えます。
また、本件が報道されるなかで、好意的、否定的な意見を含めて様々な反響がありました。
そこで私たちは、これを機にHIV/AIDSについての正しい最新の情報を広く市民の方に提供し、なかでもHIV陽性者を取り巻く就労や職場での課題や問題点を一緒に考えていく機会を設けることにしました。
急遽、企画立案したため開催日まで時間はありませんが、多くの方とご一緒できれば嬉しく思います。

[広報フライヤー JREG/PDF]

【イベント名称】
『HIVと しごと』札幌フォーラム ~HIV陽性を伝えること、伝えないことの尊重~

【開催日時】
2018年8月25日(土)18時~20時30分(開場17時30分)

【開催場所】
北海道立道民活動センターかでる2・7 730研修室
(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル)
地下鉄さっぽろ駅10番出口から徒歩9分
http://homepage.kaderu27.or.jp/intoro/access/index.html

【内容・プログラム予定】
18:00 開演・主催者あいさつ

18:15 「問題提起 働く権利とHIV」
北海道合同法律事務所 弁護士 加藤丈晴(かとうたけはる)さん

18:45 「HIV陽性者の就労支援 ソーシャルワーカーの役割」
北海道大学病院 HIV診療支援センター ソーシャルワーカー 富田健一(とみたけんいち)さん

19:15 休憩

19:25 「アクティビストとしての立場から」
明治大学教授・北海道大学名誉教授 鈴木賢(すずきけん)さん

20:00 質疑応答・ディスカッション

20:30 終了

進行・情報提供:NPO法人レッドリボンさっぽろ 事務局長 村形潤(むらかたじゅん)

【対象】
HIV/AIDSに関心のある方ならどなたでも。
また、職場で人事採用を担当しているあなたや就労支援に携わっているあなたの参加もお待ちしています。

【申込】
だいたいの参加人数の把握のため、お手数ですが事務局  red.ribbon.sapporo@gmail.com までお知らせください。
勿論、当日参加も可能です。

【参加料】
一般1,000円(学生は学生証の提示で500円)
※本フォーラムの会場費・講師交通費に使わせていただきます。

【主催】NPO法人レッドリボンさっぽろ
レッドリボンさっぽろは、HIV陽性者・エイズ患者を支援し、差別・偏見のない社会を目指して活動するNPOです。当会のメンバーは年齢もセクシュアリティも様々で、HIV陽性者もそうでない人も、みんな一緒に活動しています。 毎週火曜日のエイズ電話相談や、学校・地域でのエイズ出前授業のほか、アウトリーチ、スタッフも参加者も全員HIV陽性者の交流会事業、海外エイズ孤児へのキルトの作成、行政施策への提言を行っています。

【お問い合わせ】
NPO法人レッドリボンさっぽろ 事務局長 村形潤
〒003-0023
札幌市白石区南郷通7丁目北5-6南郷エスポアール101号室
TEL:011-827-7300(留守電・折返対応)
担当者携帯:090-2050-8628
E-mail: red.ribbon.sapporo@gmail.com